おこめのおうち

観劇(主に宝塚)、ゲームや本などの感想を正直に書きつらねるブログです。

花組『邪馬台国の風』感想 は?

あまりの衝撃に観劇後Twitterで感想を吐きまくってしまい、ブログ書くのが遅れました。

なんというか、事前にムラ組のツイートの数々を読んで「こいつはやべえぞ」と覚悟はしていました。

…が、予想以上にヤバかったです。ナメてました。

 

花組公演『邪馬台国の風』感想

評価…★☆☆☆☆

f:id:kome22:20170926123642j:image

 

 

どうしてこうなった

まず始めに言っておきたいのは、ジェンヌさんたちは1mmも悪くありません。むしろ、あの脚本と演出でよく頑張ってくれたと思います。

なんというか、褒められるところがジェンヌのビジュアルしかないんですよ。マジで。

脚本はトンチンカン、演出は(悪い意味で)古い宝塚、楽曲は特に耳に残らず…と、本当に良いところがビジュアルしかない。

舞台を観ていて、こんなにも首を傾げたくなったり、『笑い』や『萌え』以外で口元に笑みがこぼれたり、時間の流れがゆっくりに感じたりしたのは初めてでした。

ぶっちゃけ、気が散りすぎて途中から隣の席の人の唾を飲み込む(音がすごく大きかった)回数を数えてました。

 

あの、色々突っ込みどころは多すぎるくらいあるんですけど、なんでこうなったんですかね?

なんというか、中村先生は本当にこれで面白いと思って脚本書いたんですか?本当に、この演出で魅せられると思ったんですか?

マジで中村A先生猛省して。

 

突っ込まずにはいられないポイント

基本的に今作品は突っ込みどころの集合体みたいな感じなんですが、中でもすごかったものを挙げてみました。

 

  • 袖にはけた次の瞬間、大人に成長して戻ってくるみりお

師匠である李淵と特訓に励んでいる、少年時代のタケヒコ。

「ヤーッ!」と言いながら袖にはけたかと思うと、次の瞬間「ヤーッ!」と棒を振り回しながら、成長したタケヒコ(みりお)が現れた。

しかもその後李淵が「あっという間に大きくなって…」と言うもんだから、客席は爆笑である。

でもこの爆笑、おそらく中村先生は予想してなかったと思われる。なぜなら、このシーンは本来ギャグではなかったから。

でも、どう考えてもギャグシーンにしか見えないし、これで笑うなってほうが無理でしょ。これが『絶対に笑ってはいけない邪馬台国』だったら、客席の9割がケツバットだと思う。

 

  • 基本的に上手から登場し、流れるように下手にはけていく

片方の袖から登場すると、横に歩いて行って流れるようにはける。

その姿はまるで2Dのゲームのよう。3次元なのに。

 

  • 暗転祭りで目に優しくない

 これでもかってくらい、パカパカパカパカ暗転する。

暗転しないで場面転換できないのか…!?もはや照明係が可哀そうになってくる。

 

  • 歌詞が同じフレーズの繰り返し

基本的に、どの歌も歌詞が「◯◯◯~~△△△~~◯◯◯~~△△△~~」といったように、2つのフレーズを繰り返す。

瀬戸かずや氏による『とばりの中に(別名:おのこソング)』は、一度聴いたら耳から離れなくなること間違いなし。

 

  • テンション最高潮の奇跡だ祭り

中盤でタケヒコが盟神探湯をすることになるんですが、熱湯に腕を入れても火傷を負わず、奇跡を起こすわけですよ。

すると、次の瞬間、周囲にいた人たちが「奇跡だーーーーーー!!!!!!!!」と、突然側転し始めるんです。

何?なんなのその高テンション?私がタケヒコだったら「え、何何…?ついてけねーわ…」ってドン引きするレベル。

そんなタケヒコを置いといて、周囲の人たちは『奇跡だ祭』で大興奮。客席の観客は、謎のテンションに置いていかれるのであった。

ヒミコ様の寝室に男が!┗(^o^;)┓タケヒコを捕らえよ!┏(;^o^)┛ただちに盟神探湯じゃ!(´・`; )こ… これ…これは………奇跡だああぁああああ┗(^o^)┛WwwwWWww┏(^o^)┓ドコドコドコwwwwwwww

 

  • 突然のコスモ

観劇前にやたらとムラ組の人たちが「突然のコスモ」ってTwitterで言ってて、さっぱり意味がわからなかったんですよ。

でも、観劇したらその意味が分かりました。ナニコレ。

もっと…もっとそれっぽい絵柄あっただろォ!!?

 

  • 無理やりタイトルにつなげた感満載のラスト

どうやら、東京公演からラストが演出変わったそうですね。

最後の最後に「ビュウゥゥウ…」というなんとも寂しい木枯らしのようなSEが追加されました。

タイトル聞いた時は荒々しい風や暖かみのある風を想像していたのですが、まさか木枯らしとは…。

 

f:id:kome22:20170926131444j:image

 邪馬台国があまりにもインパクト強すぎて、ショー『Sante‼︎』を観る時にはもうHPカラッポでした。

個人的にはあまり好みのショーではなかったのですが、邪馬台国のモヤモヤをうまく晴らしてくれる、パワフルなショーだったと思います。

余談ですが、マイティの女装で肋が浮いているのを見て「もっと食べて!!!!」という気持ちになりました。心配です。

 

私はまだヅカオタ研3なので、いわゆる『トンチキ芝居』の耐性がありません。

なので、「こんくらい、過去の◯◯に比べればマシ」とピンピンしている歴戦のヅカオタの方々を見ていると、私はペーペーだからこんなにもダメージを受けたのかな、とも思います。

ですが、客として高いお金を払っている以上、劇団にはしっかりとした脚本を書いて欲しいと切に願います。

ジェンヌのビジュアルに頼ったり、「トンチキも含めて宝塚」という言葉に甘えたりしないで欲しいです。

おそらくジェンヌ側も、登場人物に感情移入できず、演じづらいところがあると思うので…本当に頼みます。

ただ、「駄作すぎて怒りが込み上げてくる作品」ではなく、「駄作すぎてもはや笑いが込み上げてくる作品」だったので、ちょっとずつツボにはいってきました。もう1回は観たくありませんが。

 

最後にもう1回。中村A先生はマジで猛省して。