おこめのおうち

観劇(主に宝塚)、ゲームや本などの感想を正直に書きつらねるブログです。

雪組『幕末太陽傳』『Dramatic"S"!』感想 ちぎみゆありがとう

 ついに、ついに来てしまった…。大好きで大好きで仕方がない、ちぎみゆの退団公演が…。

宝塚にハマった私が初めて『コンビ萌え』という感情を知った2人であって、みゆちゃんに対してツンデレ気味なちぎと、そんなちぎにいじられつつ根は強いみゆちゃんが、たまらなく好きなのです。

そんなちぎみゆが、ついに退団…。発表された時は「ああ、やっぱりか」という気持ちもあったけれど、正直言って、今まであまり実感はありませんでした。

 

雪組公演『幕末太陽傳』感想

評価…★★★★☆

f:id:kome22:20170622212346j:image

 勢いで楽しめるギャグ

正直言って、星組『オーム・シャンティ・オーム』の脚本(※星組子はとても良かった)がクソ!!とはらわた煮え繰り返ったトラウマがあるので、「小柳奈穂子地雷です」と言い続けてきました。

…が。

幕末太陽傳が個人的にとても面白かったので、今はあんなに地雷とか言ってごめんなさいという気持ちも湧いてきました。いや、まだ『演出:小柳奈穂子』の字に身構えてしまうのは変わらないけども。

 

雪組ルパン三世』のように、明るくてとにかくコメディで、見てて飽きない舞台でした。

楽曲も良い曲ばかりで、帰宅後すぐにiTunesで曲を購入。中でも『長州男児の心意気』と『千躰荒神祭』が好きです。

『長州男児の心意気』の「れぼりゅーしょーん」がクセになる。突然の横文字。

 

脚本に関しては、ちょいちょい「えっ?」と思うところもあったけれど、ノリがギャグ強めなので深く考えずに勢いで楽しめる感じはしました。

焼き討ち最高後の展開はダレてるというか、演劇らしい派手な終わり方ではないですね。ただ、墓場のシーンから旅に出て終わるのは原作通りらしいので、なら仕方がないのかな〜と。

 

役者別の感想

ちょっとガラガラした発声方法は、ルパン三世を思い出しました。

ちぎの繊細な美青年役(ニジンスキーのヴァーツラフみたいな)も好きだけど、おちゃらけた役もやっぱり良いなあ。

あと、小物使いがめちゃくちゃ上手くて感心した。器用だな〜! 

 

  • おそめ…咲妃みゆ

可愛らしさと、気高さと、色っぽさを持ち合わせた、すごくチャーミングな女郎!みゆちゃんは本当に芸達者だなあ…。ソロ曲も、聞き惚れるほどものすご〜くお上手でした。

墓場のシーンの前、佐平次を呼び止める時の「いのさぁ〜〜ん♡」 は正直ものすごくドキッとした。

 

フェロモン製造機。

このエロさはアカン。ぶっちゃけ、どの女郎さんより色っぽかった。 長州組で1人だけ着流しなのがいいですなあ〜。

出番が少な目なのがちょっと残念だけど…。 

 

  • 鬼島又兵衛…香綾しずる

個人的には、今作の登場人物で一番好きです(笑)。ウキウキしながら相模屋に入ろうとして扉にぶっかったり、こはるさんにデレデレだったりと、行動が面白カワイイ。

なにより、17場でこはるさんが現れた時のエロオヤジっぷりが最高でした。「おおおぉおぉおおお〜〜↑↑↑♡♡」の言い方ずるい。

 

  • 志道聞多…煌羽レオ

聞多めっちゃ可愛い。萌えました。あの子どもっぽさの抜けない性格がとてもいいですね…。

こはると間違えて、鬼島に手を握られた時の反応がたまらなく愛おしいです。

 

f:id:kome22:20170622212818j:image

 女郎の華やかさに心惹かれ、女郎について書かれた本を計4冊購入。(1冊写真に写ってないけど)

まだ読んでる途中だけど、華やかさと闇が描かれていて「昔はこんな世界があったんだなあ」としみじみ…。

幕末太陽傳に登場する女郎たちは明るくて華やかだけど、現実は本当につらいよね。本によると、当時の外国人が「女郎は身体を売っているが、お金のために家族に売られた。可哀想な人たちであり、決して卑しい職業ではない」って記していたらしい。

相模屋の女郎たちも、つらい過去を持ちつつ毎日明るく頑張ってると思うと、なんだか悲しくもなる…。

 

幕末太陽傳、いつか原作映画も見ようかな。

 

雪組『Dramatic"S"!』感想

評価…★★★★☆

 

印象に残ったシーン

  • 1〜3場『プロローグ』

始まり方がめちゃくちゃカッコいいですね!一緒に行った友人(NOTヅカオタ)も言ってたんですが、居残り佐平次と同じ人とは思えないくらい、ちぎがキザってて最高。

 

主題歌のメロディも、スピード感あって好きです。みゆちゃんのソロパートで急に雰囲気が変わるのも良いですね〜。

 

  • 5〜7場『Song&Dance』

Bryant Baldwinさんの振付がめっっちゃカッコいい!!

それにしても、このシーンを見るたびに「どうやったら、あんなに早く全身を動かせるんだろう…」って不思議でならないです。私が運動オンチだから余計そう感じるのかもしれないけど、すごいスピードでダンスを踊れるなんてすごいなァ…筋肉めっちゃついてるんだろうな…。

ちぎの青いスーツと、みゆちゃんの赤いスカートの対比もいいですね。

 

銀橋で歌い継ぐ曲がとても好きです。(ああ〜光と影〜♪ってやつ)振付も好み。

ちぎがせりから上がってくる時の羽揺れが凄まじくて、初めて見た時は「!!?」ってなりました。

 

  • 16場『絆』

もはやこのショーのメインと言っても過言ではない(?)絆のシーン。今までは『退団感』のない構成だったけど、ここで急激に「サヨナラだよ!!」感MAXに。

千秋楽では咲ちゃんがソロで泣き、その後はちぎがソロで号泣して黒い涙を流していました。そして、そんな姿を見て私も泣いた…。

組子たちの顔を1人ひとり見ながら歌うなんて、泣くなって方が無理な話だよね…。

 

  • 21場『フィナーレ(デュエダン)』

卒業式やらの定番であるショパン『別れの歌』でのデュエダン。しかも、影ソロはだいもん!こんなのズルい!

ラスト、銀橋でちぎみゆが向かい合って立ち止まってる時、バックに『see you again Sagiri』の電飾が見えるのもニクい演出です…。

 

ちぎみゆ、ありがとう

千秋楽をライビュで見た今でも、ちぎみゆが退団するなんて実感がありません…。明日も劇場に立ってそうで。

今後2人がどんな人生を歩むのかはわかりませんが、各々にとって幸せな道を歩んでいってほしいです。

 

本当に、今までたくさんの幸せをありがとうございました。