自己満足メモ

日常でふと思ったことや、観劇(主に宝塚)、ゲームや本などの感想を正直に書きつらねるブログです。

『テイルズオブゼスティリア』感想 私はとても好きです

テイルズシリーズ20周年を記念して、2015年に発売した『テイルズオブゼスティリア』。

おそらく、テイルズシリーズをプレイしたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるのではなかろうか。 主に、酷評や騒動といった悪い意味で。

f:id:kome22:20170414022306j:image

私も発売して早々ゼスティリアの酷評を耳にし、購入を見送った。

しかし2017年のある日、無性にテイルズシリーズをプレイしたくなり「ゼスティリアってどうなのかな」とツイートしたところ、フォロワーの方から「確かに欠点もありますが、私は好きですよ!」というリプライを何件かいただいた。そして、「確かに、自分でやってみないとわからないよな!」と思い、購入することにしたのだ。

 

テイルズオブゼスティリア』感想

トーリー…★★☆☆☆

戦闘…★★★★☆

キャラクター…★★★★★

ボリューム…★★☆☆☆

総合評価…★★★☆☆

f:id:kome22:20170414020422j:image

 

■確かに欠点も多いが、好きな作品

酷評を散々耳にしていたせいもあり、プレイ前は 正直言ってまったく期待していなかった。しかし、いざプレイを始めると「あれ?普通に楽しいぞ?」という気持ちで最後までプレイできた。 

だが、私は事前にアリーシャが永久離脱する件や、謎の『ロゼage』が多い件や、サブイベントがほぼ皆無という件を知っていた。これらを知らず、発売日に胸を膨らませながらプレイした人たちのことを思うと、荒れるのは仕方がない気もする。

また、トーリーは残念なことに粗が目立つ。終盤に行くほどダレる。いくら戦闘が楽しく、キャラクターに魅力があっても、さすがに帳消しにはできないレベルだ。

特に、ロゼの殺しを容認しているところは不満が残る。人殺しをしていても穢れていない理由について、もっと踏み込むべきだったのでは…?

 

キャラクターは男女ともに全員とても愛着が湧いた。群を抜いて好きなのは、火の天族・ライラだ。

f:id:kome22:20170414020435j:image

数年前のゼスティリア発表当時、いのまたむつみ氏の描いたライラを見て一目惚れしていた私。実際にプレイしたところ、見事に性格や声もドツボだった。

私はテイルズシリーズの女性キャラで一番エステル(ヴェスペリア)が好きなのだが、ライラは2番目に好きな女性キャラになった。結婚してくれ。

 

ゼスティリアの『ヒロイン』とは

今作が酷評される理由の1つに『ヒロイン』がある。発売前、おそらくファンのほとんどがヒロインだと思っていたであろうアリーシャが、序盤で永久離脱してしまうのだ。

f:id:kome22:20170414023439j:image

入れ替わるようにロゼがパーティインしたことで、一部のファンは激怒。「これはヒロイン詐欺だ!」…と。

しかし、実際は発売前に「ヒロインが誰か」は明らかにされていなかった。また、プロデューサーである馬場氏は「誰がヒロインかは自己判断で」といった発言をしていたそうだ。

私はゼスティリアをプレイしていて、正直言って「ヒロインはライラだ!」と思った。(もちろん贔屓目もあるが)

アリーシャは『スポット参戦キャラクター』であり、ロゼはヒロインというより『ダブル主人公』といった印象を受けた。

そもそも『ヒロイン』の定義も人それぞれだと思う。主人公と恋愛関係に発展するキャラ?女相棒キャラ?作品のキーであるキャラ?

馬場氏が言うように、ヒロインはプレイヤー個々のお好みでいいのではなかろうか。

 

■エンディング

今作のシナリオライターはエクシリア2と同じ人であり、シナリオに通ずるものを感じた。(主人公が世界のためにつらい使命を背負ったことや、ラスボス後の展開など)

ラスボス後、やはりスレイは人間としての死を迎えているのだろうか。眠っただけにしては、時間が流れすぎている気が…。エピローグで成長したミクリオの前に現れたのは、天族に転生したスレイ?

転生したとして、『スレイ』だった頃の記憶は残っているのだろうか。人間としての生涯を1人で終えたスレイのことを考えると心が痛い。幸せになってくれ…。

※追記※コミカライズやノベライズを読んだ感じ、スレイは普通に『眠りについた』説が強い気がしてきた。だとしたら、数十年後にはミクリオを残して死別するのか…。それはそれで悲しい。 

 

ゼスティリアはテレビアニメ化しており、ゲームの反省点などを踏まえてストーリーを大幅にアレンジしているらしい。

私もそのうち見てみたいと思うが、ライラ役の松来未祐さんが逝去してしまったため声優は変更されているとのことだ。本当に悲しい…。

ゼスティリアが人に勧めにくい作品であることに違いはない。しかし、私のように「あれ、好きだこのゲーム」と感じる人もいるのではなかろうか。

私としては、世の酷評に流されず一度プレイしてみてほしい。…中古、安いしね。