自己満足メモ

日常でふと思ったことや、観劇(主に宝塚)、ゲームや本などの感想を正直に書きつらねるブログです。

星組『スカーレット・ピンパーネル』感想 紅パワーでコメディ強め

紅ゆずる&綺咲愛里のトップお披露目公演『スカーレット・ピンパーネル』を観てきた。今回はA席で2回。

 ちなみにスカピンを生で観るのは初(スカステで過去の公演は見たけど)。原作の『紅はこべ(創元推理文庫)』も読了済み。

f:id:kome22:20170521195701j:image

 再演なので特に脚本や演出について言うことはないけれど、主に役者の感想をば。

 

星組公演『スカーレット・ピンパーネル』感想

評価…★★★★☆

f:id:kome22:20170515193020j:image

 

■新生星組おめでとう

まず、紅さんとあいりちゃん、トップ就任おめでとう!

私は紅さんをコメディジェンヌ(※褒め言葉)だと思っているため、笑い多めで明るいスカピンは今の星組に合っていたと思う。

パーシーとショーヴランのギャグなアドリブは2人とも上手く、テンポが良いため安心して見ることができた。

2回目は阪急交通社貸切公演で見たのだけれど、終演後のトップ挨拶で紅さんがいわゆる定型文の挨拶じゃなく、自分の気持ちを「えー」「えー」と少したどたどしく話していて、とても好感度が上がったなあ。

 

■役者別の感想 

  • パーシヴァル・ブレイクニー…紅ゆずる

 おちゃらけモードのパーシーの演技は、さすが紅さんって感じ。キリッとした時との差がとても良くて、「パーシーがいる!!」と思った。

歌もめきめきと上達しており、安心して聴くことができた。

 

ビジュアルがとても愛らしく、可愛らしいマルグリッドだった。

ただ、歌が少し不安定で、いつ音程が外れるか少しヒヤヒヤしてしまった…。前回の『オーム・シャンティ・オーム』の時はとても安定していたので、スカピンの歌が単に難易度高すぎただけかもしれない。

演技もなんだか不安定だった気がする。声の出し方のせい…?

 

  • ショーヴラン…礼真琴

まこっちゃんは顔立ちが幼いため、歴代に比べてだいぶ可愛い感じのショーヴラン。

でも、圧倒的歌唱力と低音ボイスのおかげで可愛い顔立ちも吹っ飛ばす勢いで格好良さが出ていた。特に、『マダム・ギロチン』の迫力は流石としか言いようがなかった。

ぶっちゃけ、総評の★1個ぶんはまこっちゃんによる功績。

 

 キッチリとした雰囲気の、北翔海莉さま率いる前星組とはまた異なり、パワフルな雰囲気の新生星組。どちらも異なった魅力があって、いい感じだと思う。

これからの活躍が楽しみっす。

 

話は逸れるけど、ぶっちゃけ腐女子だからまこっちゃんのショーヴランにとても萌えました。ごめんなさい。

f:id:kome22:20170521201804j:image

そして、腐った目で見てたらまこっちゃんのサイン当たってしまいました。なんか更にごめんなさい。死ぬほど嬉しいです。家宝にします。

口調変えます

およそ2年前の初投稿時に「〜である」系の言葉遣いで書いてしまい、なんとなく『である口調』で今までブログを書いてきた。

…けど、なんだか「むっちゃ偉そうに見えるなコレ」と思ったからこの口調やめます。

今思えば、なぜ『である口調』で書き始めたんだろう、過去の自分。

『テイルズオブゼスティリア』感想 私はとても好きです

テイルズシリーズ20周年を記念して、2015年に発売した『テイルズオブゼスティリア』。

おそらく、テイルズシリーズをプレイしたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるのではなかろうか。 主に、酷評や騒動といった悪い意味で。

f:id:kome22:20170414022306j:image

私も発売して早々ゼスティリアの酷評を耳にし、購入を見送った。

しかし2017年のある日、無性にテイルズシリーズをプレイしたくなり「ゼスティリアってどうなのかな」とツイートしたところ、フォロワーの方から「確かに欠点もありますが、私は好きですよ!」というリプライを何件かいただいた。そして、「確かに、自分でやってみないとわからないよな!」と思い、購入することにしたのだ。

 

テイルズオブゼスティリア』感想

トーリー…★★☆☆☆

戦闘…★★★★☆

キャラクター…★★★★★

ボリューム…★★☆☆☆

総合評価…★★★☆☆

f:id:kome22:20170414020422j:image

 

■確かに欠点も多いが、好きな作品

酷評を散々耳にしていたせいもあり、プレイ前は 正直言ってまったく期待していなかった。しかし、いざプレイを始めると「あれ?普通に楽しいぞ?」という気持ちで最後までプレイできた。 

だが、私は事前にアリーシャが永久離脱する件や、謎の『ロゼage』が多い件や、サブイベントがほぼ皆無という件を知っていた。これらを知らず、発売日に胸を膨らませながらプレイした人たちのことを思うと、荒れるのは仕方がない気もする。

また、トーリーは残念なことに粗が目立つ。終盤に行くほどダレる。いくら戦闘が楽しく、キャラクターに魅力があっても、さすがに帳消しにはできないレベルだ。

特に、ロゼの殺しを容認しているところは不満が残る。人殺しをしていても穢れていない理由について、もっと踏み込むべきだったのでは…?

 

キャラクターは男女ともに全員とても愛着が湧いた。群を抜いて好きなのは、火の天族・ライラだ。

f:id:kome22:20170414020435j:image

数年前のゼスティリア発表当時、いのまたむつみ氏の描いたライラを見て一目惚れしていた私。実際にプレイしたところ、見事に性格や声もドツボだった。

私はテイルズシリーズの女性キャラで一番エステル(ヴェスペリア)が好きなのだが、ライラは2番目に好きな女性キャラになった。結婚してくれ。

 

ゼスティリアの『ヒロイン』とは

今作が酷評される理由の1つに『ヒロイン』がある。発売前、おそらくファンのほとんどがヒロインだと思っていたであろうアリーシャが、序盤で永久離脱してしまうのだ。

f:id:kome22:20170414023439j:image

入れ替わるようにロゼがパーティインしたことで、一部のファンは激怒。「これはヒロイン詐欺だ!」…と。

しかし、実際は発売前に「ヒロインが誰か」は明らかにされていなかった。また、プロデューサーである馬場氏は「誰がヒロインかは自己判断で」といった発言をしていたそうだ。

私はゼスティリアをプレイしていて、正直言って「ヒロインはライラだ!」と思った。(もちろん贔屓目もあるが)

アリーシャは『スポット参戦キャラクター』であり、ロゼはヒロインというより『ダブル主人公』といった印象を受けた。

そもそも『ヒロイン』の定義も人それぞれだと思う。主人公と恋愛関係に発展するキャラ?女相棒キャラ?作品のキーであるキャラ?

馬場氏が言うように、ヒロインはプレイヤー個々のお好みでいいのではなかろうか。

 

■エンディング

今作のシナリオライターはエクシリア2と同じ人であり、シナリオに通ずるものを感じた。(主人公が世界のためにつらい使命を背負ったことや、ラスボス後の展開など)

ラスボス後、やはりスレイは人間としての死を迎えているのだろうか。眠っただけにしては、時間が流れすぎている気が…。エピローグで成長したミクリオの前に現れたのは、天族に転生したスレイ?

転生したとして、『スレイ』だった頃の記憶は残っているのだろうか。人間としての生涯を1人で終えたスレイのことを考えると心が痛い。幸せになってくれ…。

※追記※コミカライズやノベライズを読んだ感じ、スレイは普通に『眠りについた』説が強い気がしてきた。だとしたら、数十年後にはミクリオを残して死別するのか…。それはそれで悲しい。 

 

ゼスティリアはテレビアニメ化しており、ゲームの反省点などを踏まえてストーリーを大幅にアレンジしているらしい。

私もそのうち見てみたいと思うが、ライラ役の松来未祐さんが逝去してしまったため声優は変更されているとのことだ。本当に悲しい…。

ゼスティリアが人に勧めにくい作品であることに違いはない。しかし、私のように「あれ、好きだこのゲーム」と感じる人もいるのではなかろうか。

私としては、世の酷評に流されず一度プレイしてみてほしい。…中古、安いしね。

 

 

『カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』感想 現実つらい

2014年に発売された 妄想科学ADV『カオスチャイルド(以下カオチャ)。

2017年、新たに発売された今作カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』(以下カオチャLCC)は、本編で主軸となる連続殺人事件がなかった世界をハートフル(?)に描くというもの。

超簡単に言うと、ギャルゲ版だ。

 

発売日に購入し、本日トロフィーコンプリートしたので感想をつづろうと思う。

※本編ネタバレ注意!

 

カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』感想 

トーリー…★★★★☆

キャラクター…★★★★★

ボリューム…★★★☆☆

 総合評価:★★★★☆

f:id:kome22:20170411142140j:image

カオチャ本編では、連続殺人事件で恋愛どころではなかった登場人物たち。しかも、ラストはある意味バッドエンドなのではというくらい悲しい終わり方だった。

登場キャラクターたちに愛着がある私は心に大きなダメージを負ったが、「カオチャLCCなら!!LCCならみんな幸せになれる!!!」と心躍らせていた。番外編とはいえ、ハッピーエンドが見られると。

…しかし、現実はそう甘くはなかった。(後述)

 

■来栖乃々ルート

 これが『バブみ』というやつかァ……。

乃々は本当に人間ができているし、可愛いし、リアルだったら最高の女の子だろうなあと思う。

カオチャ本編でも嫌いだったが、LCC乃々ルートの川原は見ていて本当にストレスが溜まった。

現実でもいるいる〜!!無駄にプライド高くて、フった瞬間態度コロッと変える奴〜〜!!

f:id:kome22:20170411155818j:image 

最後は本当にいい終わり方で感動したが、このCGを見ると一瞬で感動が吹っ飛ぶ。すごい。

■有村雛絵ルート

 青春がまぶしすぎてつらい……。

 雛絵が今時な女の子っぽいため、なんだがリア充カップルのイチャイチャを見せつけられているような気持ちになる。(特にノーマルエンドのエピローグ)

f:id:kome22:20170411155824j:image 

バカップル永遠に爆発していてください。

 ■香月華ルート

 これは、華推しの人からするとどうなのだろう…。内気で無口な華を攻略したいわけで、外見が同じでも性格が違う『華』を攻略するのは楽しいのだろうか?

f:id:kome22:20170411161859j:image

ギャルゲエロゲでたまに起こる『テキストとCGが一致していない現象』も。

なんだかキャラクター同士の会話も違和感があり、シナリオも無理矢理感ありすぎて少し勿体無い。

 ■結衣、結人ルート

双子をアイドルユニットに仕立て、拓留がプロデュースするストーリー。(結衣の声優が本家アイドルマスターの声優だから?)

 f:id:kome22:20170411155829j:image

色々とアグ◯ーース!!!!なシーンも多かったが、本編で酷い目に遭う結衣ちゃんが幸せそうで私は満足だ。

ロリが守備範囲外であっても、結衣ちゃんの『ありえないハッピーエンド』を見ることができたので、心に残るルートだった。

f:id:kome22:20170411162133j:image

 久野里さん、子ども好きレベルを越して完全にショタコンです本当にありがとうございました。

伊藤真二ルート(?)

 キャストインタビューを読んで「これは伊藤ルート来るぞ…来るぞ…」とある程度構えていた私(腐女子)。 

f:id:kome22:20170411142712j:image

にも関わらず、予想以上のBLゲームっぷりにゲームを進められなくなる事態が発生。 これ、男性プレイヤーはどう思うんだろうか…ギャグで流せるのか…!?

 カオスチャイルドすげえ………………。

■尾上世莉架ルート

 本命の世莉架ルート。他のルートを一通りクリアすることでフラグが出現する。

トーリー上重要人物であるため、カオチャLCCといえどラブラブ成分よりシリアス度多めだ。

 f:id:kome22:20170411155837j:image

 世莉架のトンデモっぷりは現実なら「勘弁してくれ〜」となること間違いなしだが、二次元だからおっけいおっけい。

華ルート並にアダルト成分強めなのは嬉しいが、贅沢を言えばほんわかイチャラブも見たかった…。

■トゥルーエンド

 悲しいことに上記ルートはすべて夢であり、現実はカオチャ本編の続きだ。

もちろん拓留や伊藤は連続殺人事件の関係者として拘束中。この後、おそらく拓留は少年院行きコースだ。

 f:id:kome22:20170411162142j:image

ヒロインたちは無事退院し、後日談を描いた小説『カオスチャイルド Children's Revive』に続くのだろう。

拓留と伊藤が報われないぶん、せめてヒロインたちには幸せになってほしい…。

 f:id:kome22:20170411162147j:image

とりあえず私個人の感想としては、『結婚するなら乃々(泉里)、付き合うなら雛絵、キャラとして好きなのは世莉架』…という感じだ。

シナリオの出来で言うと、『乃々ルート>雛絵ルート>双子ルート>世莉架ルート>華ルート』だろうか。これは好みの問題のため、個人差がありそうだ。

だが、どのヒロインも最高に魅力的で可愛い!

 

しかし、1つだけ言いたいことがある。

結衣・結人ルートがあって、なぜうきルートがないんだ……………。

 

CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!

CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!

 
CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!

CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!

 

 

至近距離でタカラジェンヌを見て思ったことリスト

 宙組『王妃の館』『VIVA!FESTA!』2回目を観てきた。

1階3列通路側という、私にはもったいない神席で。

f:id:kome22:20170409213533j:image

宙組の『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』『HOT EYES!!』では2列目通路側で観たことがあるのだが、客席の端っこだったため少し舞台は見づらかった。

だが、今回はSS席側の通路隣。センターに近いため、想像以上の破壊力に死んだ。

しかも『VIVA!FESTA!』は客席降りが多いうえ、銀橋の出番も多い。もう控えめに言って最高だった。S席でコレとか、SS席の人は心臓発作起こしたりしないんだろうか。

 

至近距離でタカラジェンヌを見て思ったことリスト

 ■足が長い

これは遠くから見ても思うことだが、マジで足が長い。もはやヘソから足生えてる。

 

■鼻の幅が狭い

「呼吸できてる?」と心配になるほど、鼻の穴が小さくて鼻の幅が狭い。私の1/3しか酸素吸えてなさそう。

 

■横顔の美しさが異常

形のいいおでこやスッとした鼻筋、顎のラインが素晴らしい。彫刻かよ。

 

■顔の小ささヤバイ

手で鷲掴みできそう。本当に同じ人間なのか疑わしい。

 

■とにかく細い

思わず「大丈夫?ちゃんとご飯食べてるの?」と心配になる。近所のオバサンかよ。

 

■残り香がいい匂い

衣装に香でも焚いてる?超フローラル。

f:id:kome22:20170409215453j:image

10cmほどの至近距離で歌う真風はとにかくスゴかった。スゴツヨ。

今回、この素晴らしい席を用意してくれたUCカード、セゾンカードは一生愛用していこうと思う。

パニック障害を発症し、貴重な1年を棒に振った話

パニック障害』という病気をご存知だろうか。

人間は、命の危機に直面した際や不安に襲われた際、脳がパニックを起こす。パニック障害は、普通の状態にも関わらず脳が勝手に「このままじゃ死ぬ!!!ヤバイ!!!」と危険信号を発してしまう病気だ。

ストレスが原因と言われており、めまいや震え、息苦しさ、発汗、激しい動悸などに襲われ、 人が密集した場所(電車やエレベーターなど)や人通りが多い場所でパニック発作を起こしてしまうようになる。

ちなみに『パニック』と言うと暴れるイメージがあるが、パニック障害の発作はその場から動けなくなってしまうというものだ。

 

今からおよそ5〜10年前、私は夢のように楽しかった高校を卒業し、専門学校に入学した。

 

……が。

入学から1ヶ月経ったころ、私は『人生最悪の奈落』に落ちてしまったのだ。

 

パニック障害で1年を棒に振った話

5月ごろ、私のストレスはピークに達していた。

入学早々、運悪くマイコプラズマ肺炎にかかり、体調は最悪。数週間休んだことによる授業への遅れや、新しい交友関係に対する努力、家庭内不和…。

 

『ヤツ』が発症したのは、「学校に行きたくない」「家にも帰りたくない」と思う生活を続けていた、ある日のことだった。

 

■突然、電車内で体調不良に襲われた

5月、私はいつも通り満員電車に乗り、学校へと向かっていた。しかし、突然激しい耳鳴りがしたかと思うと、目の前が真っ暗になったのだ。

あまりにも突然のことだったため、私は動揺した。最初は「目眩かな?」と思っていたが、全然治らない。なにも見えない。さらに徐々に息苦しくなり、暑くないのに汗が止まらない。

私は「このまま目が見えなくなったら、どうしよう!?絵も描けないし、ゲームもできない!!!」とむちゃくちゃ焦った。(一見ギャグっぽいが、本気でこんな心配をしていた)

f:id:kome22:20170408204552p:image

次の駅に電車が止まると、何も見えないので手探りで電車を降りた。満員電車だったため、誰かの顔に指をさしてしまった記憶がある。あの時はゴメン。

その日から、私は電車に乗ると毎回この症状に襲われるようになった。パニック障害発症である。

パニック発作が起きたら次の駅で下車し、30分ほどベンチで休憩。そんな生活を数週間ほど続けていたが、とうとう限界がきた。

 

■外出が怖くなり、半引きこもりに

最初は電車に乗ることができないだけだったが、次第に外出することすらできなくなった。「外に出ると症状が出る」という恐怖があったのだ。

 人生で初めて精神科に通うことになり、投薬をしつつ経過観察をすることに。

f:id:kome22:20170408195109p:image

 半引きこもり時代のことは正直言ってよく覚えていないが、人生で一番時間を無駄にしていた気がする。

 半年経ったころから徐々に回復し始め、徒歩で行ける距離のバイトを始めた。翌年4月には、幸い学校にも復帰することができた。

 

パニック障害は誰でも発症する可能性がある 

 パニック障害は、珍しい病気ではない。100人に1人が発症すると言われている。

 中でも、若い女性やストレスを溜めやすい人は発症しやすいと言う。

また、遺伝も関係していると言う説もある。後になって知った話だが、私の母もパニック障害を経験していたそうだ。

f:id:kome22:20170408195259p:image

もし「パニック障害?ただの体調不良?」と迷う症状が起こったら、内科だけではなく心療内科や精神科も早めに受診してほしい。

他の病気と同じく、早期発見・早期治療が大切だ。早期治療のおかげか、私は幸い1年ほどで完治することができた。

f:id:kome22:20170408202201p:image 

パニック障害は『脳のエラー』であるため、自力ではなかなか治せず、つらい思いをしている人も多いことだろう。

しかし、決して焦らないでほしい。焦ったところで、余計にストレスが溜まり症状が悪化するだけである。心にゆとりを持ってしっかりと投薬を続ければ、少しづつ治っていくはずだ。

そして、もし身近な人がパニック障害になったら、「焦らんでええんやで」と言ってあげてほしい。

『ペルソナ5』のストーリーが受けつけなかった理由

アトラスから2016年に発売されたRPGペルソナ5 』。

大人気の『ペルソナシリーズ』待望の最新作であり、 売上はなんと、初週で33.8万本を記録した。

f:id:kome22:20170406141410j:image

その後も売上はどんどん伸び、現在ウェブサイトには「全世界150万本突破!」と書かれている。

Amazonの評価も星4.5という、超高評価っぷりだ。 

f:id:kome22:20170407113025j:image 

私もペルソナシリーズが好きなため(とはいえ、3からのライト層なのだが)、今作は事前に予約をした上で、発売日に購入した。

しかし、クリアした感想は「ストーリーが無理」だった。

 

※以外、本編ネタバレ注意!

 

ペルソナ5 』のストーリーが無理だった理由

本作のストーリーを超簡単に説明すると、こうである。

 

悪い考えを持った人の心を『改心』させられる能力を手に入れた、高校生たち。

彼らは『心の怪盗団』を結成し、ペルソナ能力を使って世の悪い大人を改心させていく。

 

これだけ読むと、「えっ、むちゃくちゃ主人公たち偉いじゃん!」と思うかもしれない。私も最初はそう思っていた。

序盤、「困っている人を助けよう」という目的で、主人公たちは怪盗団を結成した。

しかし彼らの目的は、早くも第2のターゲットから逸れ始めたのだ。

 

■目的が『人助け』から『自己顕示欲』に

最初の敵は、主人公が通う高校のセクハラ教師。この時点では「困ってる人を助けよう!」という気持ちで、怪盗団は動いていた。

 しかし次のターゲットから、あろうことか「有名人とか、大物狙おうぜ!誰にする?」とはしゃぎ始めたのだ。

怪盗団が少しでも批判されると「俺たちは悪じゃない!」「こんなに頑張ってるのに、正体を隠してるから誰も讃えてくれない」と不満を言い出し、気づけば 『人助け』から『自己顕示欲』が目的になってしまったのだ。

 

■異を唱える唯一のキャラが噛ませ悪役化

明智吾郎という探偵キャラがおり、怪盗団の行動を大々的に批判していた。

しかも、言っていることはド正論で「それは改心ではなく洗脳だ」「他人が人の心を勝手にいじるのは良くない」といったもの。

(ちなみに、この言葉を聞いて反省したのはヒロインのみである)

 

きっと怪盗団の言動にモヤモヤしていたプレイヤーたちは、明智を応援していたに違いない。「よくぞ言ってくれた!」…と。

…が、後ほど明智は事件を起こした犯人であることが発覚し、最終的に「怪盗団age」をして消え去った。

結果、怪盗団が自分たちの行動を反省することはなかった。

 

■主人公たちの倫理観が理解できない

彼らが行う『改心』とは、悪いことをしていた人が突然「今までごめんなさーーい!!償わせてくれーー!!」と泣き喚くレベルに人格を変える。

明智が「これは洗脳だ」と指摘していたように、他人の思考や人格を勝手にいじるのは、倫理的に結構ヤバいのでは?と思った。

 

 悪人相手なら、本当に何をやっても良いのだろうか?

作中、野々村氏の号泣会見をパロディしたと思われるシーンがあったが、そういったところからも「悪い奴には何やってもいい」という制作側の考えが透けて見えた気がする。

自己顕示欲に溺れた高校たちが人の人格をいじって喜び、「おつかれー!ビュッフェで打ち上げしよ!」と喜んでいる姿は正直引いた。

 

■性犯罪を扱っておきながらの『エロネタ』過多

先ほども述べたように、一番最初の敵はセクハラ教師だ。

ヒロインの親友キャラがレイプされる(一応断言はしていないが、どう考えてもそう取れる描写)という、非常に重いストーリーとなっている。

 

しかし、軽く扱ってはいけないはずの性犯罪を扱っておきながら、本作ではいわゆる薄い本のネタになりそうな『エロネタ』がとても多い。

ヒロインがセクハラ教師に身体を求められたり、BADエンドで仲間の女キャラが風俗落ちしたり、また別の女キャラは婚約者に無理やり迫られたり、女教師がデリヘルもどきで働いていたり…といったように。性的なものが絡んでいない女キャラはいないのでは?

あまつさえ、ヒロインはセクハラ教師に身体を求められ、つらい思いをしたにも関わらず、作中で何度も嫌々ハニートラップ役にされる。

 

誤解されたくないので言っておくが、私は男性向けアダルトゲームや漫画が大好きであり、『二次元のエロ』と現実を混同しているわけではない。

しかし、本作のストーリーやキャラ設定は、なんだか見ていて気分が悪かった。

エロネタが悪いと言っているわけではなく、「性犯罪という重い要素を取り入れるなら、そこはちゃんとしろよ!できないなら入れるなよ!!」と思ったのだ。

 

他にも不満は、ラスボスが無能だとか、民衆の「かいとうだん!かいとうだん!」が寒いだとか、モルガナに強制的に「もう寝ようぜ」と行動を制限されるとかいろいろある。

 

これだけ不満を言ってなんだが、私はペルソナシリーズが好きだし、今後も応援していく予定だ。

愛着のあるキャラクターも何人かいるし(本編で空気だったが)、バトルは楽しめた。

好きなシリーズだからこそ、このように不満を持ったということはわかってほしい。アトラスさん、『ペルソナ6』は期待しています!!