おこめのおうち

観劇(主に宝塚)、ゲームや本などの感想を正直に書きつらねるブログです。

雪組『幕末太陽傳』『Dramatic"S"!』感想 ちぎみゆありがとう

 ついに、ついに来てしまった…。大好きで大好きで仕方がない、ちぎみゆの退団公演が…。

宝塚にハマった私が初めて『コンビ萌え』という感情を知った2人であって、みゆちゃんに対してツンデレ気味なちぎと、そんなちぎにいじられつつ根は強いみゆちゃんが、たまらなく好きなのです。

そんなちぎみゆが、ついに退団…。発表された時は「ああ、やっぱりか」という気持ちもあったけれど、正直言って、今まであまり実感はありませんでした。

 

雪組公演『幕末太陽傳』感想

評価…★★★★☆

f:id:kome22:20170622212346j:image

 勢いで楽しめるギャグ

正直言って、星組『オーム・シャンティ・オーム』の脚本(※星組子はとても良かった)がクソ!!とはらわた煮え繰り返ったトラウマがあるので、「小柳奈穂子地雷です」と言い続けてきました。

…が。

幕末太陽傳が個人的にとても面白かったので、今はあんなに地雷とか言ってごめんなさいという気持ちも湧いてきました。いや、まだ『演出:小柳奈穂子』の字に身構えてしまうのは変わらないけども。

 

雪組ルパン三世』のように、明るくてとにかくコメディで、見てて飽きない舞台でした。

楽曲も良い曲ばかりで、帰宅後すぐにiTunesで曲を購入。中でも『長州男児の心意気』と『千躰荒神祭』が好きです。

『長州男児の心意気』の「れぼりゅーしょーん」がクセになる。突然の横文字。

 

脚本に関しては、ちょいちょい「えっ?」と思うところもあったけれど、ノリがギャグ強めなので深く考えずに勢いで楽しめる感じはしました。

焼き討ち最高後の展開はダレてるというか、演劇らしい派手な終わり方ではないですね。ただ、墓場のシーンから旅に出て終わるのは原作通りらしいので、なら仕方がないのかな〜と。

 

役者別の感想

ちょっとガラガラした発声方法は、ルパン三世を思い出しました。

ちぎの繊細な美青年役(ニジンスキーのヴァーツラフみたいな)も好きだけど、おちゃらけた役もやっぱり良いなあ。

あと、小物使いがめちゃくちゃ上手くて感心した。器用だな〜! 

 

  • おそめ…咲妃みゆ

可愛らしさと、気高さと、色っぽさを持ち合わせた、すごくチャーミングな女郎!みゆちゃんは本当に芸達者だなあ…。ソロ曲も、聞き惚れるほどものすご〜くお上手でした。

墓場のシーンの前、佐平次を呼び止める時の「いのさぁ〜〜ん♡」 は正直ものすごくドキッとした。

 

フェロモン製造機。

このエロさはアカン。ぶっちゃけ、どの女郎さんより色っぽかった。 長州組で1人だけ着流しなのがいいですなあ〜。

出番が少な目なのがちょっと残念だけど…。 

 

  • 鬼島又兵衛…香綾しずる

個人的には、今作の登場人物で一番好きです(笑)。ウキウキしながら相模屋に入ろうとして扉にぶっかったり、こはるさんにデレデレだったりと、行動が面白カワイイ。

なにより、17場でこはるさんが現れた時のエロオヤジっぷりが最高でした。「おおおぉおぉおおお〜〜↑↑↑♡♡」の言い方ずるい。

 

  • 志道聞多…煌羽レオ

聞多めっちゃ可愛い。萌えました。あの子どもっぽさの抜けない性格がとてもいいですね…。

こはると間違えて、鬼島に手を握られた時の反応がたまらなく愛おしいです。

 

f:id:kome22:20170622212818j:image

 女郎の華やかさに心惹かれ、女郎について書かれた本を計4冊購入。(1冊写真に写ってないけど)

まだ読んでる途中だけど、華やかさと闇が描かれていて「昔はこんな世界があったんだなあ」としみじみ…。

幕末太陽傳に登場する女郎たちは明るくて華やかだけど、現実は本当につらいよね。本によると、当時の外国人が「女郎は身体を売っているが、お金のために家族に売られた。可哀想な人たちであり、決して卑しい職業ではない」って記していたらしい。

相模屋の女郎たちも、つらい過去を持ちつつ毎日明るく頑張ってると思うと、なんだか悲しくもなる…。

 

幕末太陽傳、いつか原作映画も見ようかな。

 

雪組『Dramatic"S"!』感想

評価…★★★★☆

 

印象に残ったシーン

  • 1〜3場『プロローグ』

始まり方がめちゃくちゃカッコいいですね!一緒に行った友人(NOTヅカオタ)も言ってたんですが、居残り佐平次と同じ人とは思えないくらい、ちぎがキザってて最高。

 

主題歌のメロディも、スピード感あって好きです。みゆちゃんのソロパートで急に雰囲気が変わるのも良いですね〜。

 

  • 5〜7場『Song&Dance』

Bryant Baldwinさんの振付がめっっちゃカッコいい!!

それにしても、このシーンを見るたびに「どうやったら、あんなに早く全身を動かせるんだろう…」って不思議でならないです。私が運動オンチだから余計そう感じるのかもしれないけど、すごいスピードでダンスを踊れるなんてすごいなァ…筋肉めっちゃついてるんだろうな…。

ちぎの青いスーツと、みゆちゃんの赤いスカートの対比もいいですね。

 

銀橋で歌い継ぐ曲がとても好きです。(ああ〜光と影〜♪ってやつ)振付も好み。

ちぎがせりから上がってくる時の羽揺れが凄まじくて、初めて見た時は「!!?」ってなりました。

 

  • 16場『絆』

もはやこのショーのメインと言っても過言ではない(?)絆のシーン。今までは『退団感』のない構成だったけど、ここで急激に「サヨナラだよ!!」感MAXに。

千秋楽では咲ちゃんがソロで泣き、その後はちぎがソロで号泣して黒い涙を流していました。そして、そんな姿を見て私も泣いた…。

組子たちの顔を1人ひとり見ながら歌うなんて、泣くなって方が無理な話だよね…。

 

  • 21場『フィナーレ(デュエダン)』

卒業式やらの定番であるショパン『別れの歌』でのデュエダン。しかも、影ソロはだいもん!こんなのズルい!

ラスト、銀橋でちぎみゆが向かい合って立ち止まってる時、バックに『see you again Sagiri』の電飾が見えるのもニクい演出です…。

 

ちぎみゆ、ありがとう

千秋楽をライビュで見た今でも、ちぎみゆが退団するなんて実感がありません…。明日も劇場に立ってそうで。

今後2人がどんな人生を歩むのかはわかりませんが、各々にとって幸せな道を歩んでいってほしいです。

 

本当に、今までたくさんの幸せをありがとうございました。

『ファイアーエムブレム Echoes』感想 こういう路線のFEがやりたいんだよ!!

読んだ人の気分を害してしまうと申し訳ないので、まずはじめに言っておきたいのですが、私は『覚醒』以降のFEはFEだと思っていません。

 

 ファイアーエムブレムは、私がゲームオタクになった原点のゲーム。子どもの頃、友人の家でスーファミのFEをプレイし、まったくやらなかったゲームにハマるようになった。

長年愛し続けたFEだけど、『ファイアーエムブレム覚醒』をプレイして、あまりの方向性の違いにブチギレた。

架空戦記らしさのないキャラクターデザインや、面白みのないシナリオ、謎のギャルゲー要素…今までFEは何周もやり込んできたけど、覚醒は1周プレイして即売りました。

『新暗黒竜の謎』の時点から「なんかFEおかしくなってきたな…」とは感じていたけど、覚醒とIF(未プレイ)で完全にFEは見限ったつもりでいましたよ、ええ。

 

「もう過去作だけ見て生きよう」と思っていた最中エコーズが発表され、ぶっちゃけ最初は「あーあ、また過去作リメイクレイプか〜ケッ」と思っていた。

しかし、発売後にレビューを見ていると、旧作ファンからなかなか良い反応が上がっていたので、かなり悩んだ末購入したのでした。「IS頼む…」という願いを込めて。

 

ファイアーエムブレム Echoes』感想

 ストーリー…★★★☆☆
ゲーム性…★★★★☆
キャラクター…★★★☆☆
ボリューム…★★★★☆
総合評価…★★★★☆

f:id:kome22:20170717183153j:image

 

※以下、ネタバレ注意!

 

続きを読む

劇団☆新感線『髑髏城の七人 鳥』感想 +ステージアラウンドについての話

 劇団☆新感線(以下、新感線)の『髑髏城の七人 鳥』を観てきました。

髑髏城の七人は、数年前にゲキシネで2011年のワカドクロを見て猛烈に感動。弟を連れて再度見に行き、その後DVDとサントラを購入するほどお気に入りの作品になりました。

その作品が再びロングランで上演されると聞き、喜び勇んでチケット取りましたよ!(花は不覚にもチケ逃したけど…) 

 

劇団☆新感線『髑髏城の七人 鳥』感想

評価…★★★★★

f:id:kome22:20170705191308j:image

※以下、ネタバレ注意!

 

続きを読む

星組『スカーレット・ピンパーネル』感想 紅パワーでコメディ強め

紅ゆずる&綺咲愛里のトップお披露目公演『スカーレット・ピンパーネル』を観てきた。今回はA席で2回。

 ちなみにスカピンを生で観るのは初(スカステで過去の公演は見たけど)。原作の『紅はこべ(創元推理文庫)』も読了済み。

f:id:kome22:20170521195701j:image

 再演なので特に脚本や演出について言うことはないけれど、主に役者の感想をば。

 

星組公演『スカーレット・ピンパーネル』感想

評価…★★★★☆

f:id:kome22:20170515193020j:image

 ※以下、ネタバレ注意!

 

新生星組おめでとう

まず、紅さんとあいりちゃん、トップ就任おめでとう!

私は紅さんをコメディジェンヌ(※褒め言葉)だと思っているため、笑い多めで明るいスカピンは今の星組に合っていたと思う。

パーシーとショーヴランのギャグなアドリブは2人とも上手く、テンポが良いため安心して見ることができた。

2回目は阪急交通社貸切公演で見たのだけれど、終演後のトップ挨拶で紅さんがいわゆる定型文の挨拶じゃなく、自分の気持ちを「えー」「えー」と少したどたどしく話していて、とても好感度が上がったなあ。

 

役者別の感想 

  • パーシヴァル・ブレイクニー…紅ゆずる

 おちゃらけモードのパーシーの演技は、さすが紅さんって感じ。キリッとした時との差がとても良くて、「パーシーがいる!!」と思った。

歌もめきめきと上達しており、安心して聴くことができた。

 

ビジュアルがとても愛らしく、可愛らしいマルグリッドだった。

ただ、歌が少し不安定で、いつ音程が外れるか少しヒヤヒヤしてしまった…。前回の『オーム・シャンティ・オーム』の時はとても安定していたので、スカピンの歌が単に難易度高すぎただけかもしれない。

演技もなんだか不安定だった気がする。声の出し方のせい…?

 

  • ショーヴラン…礼真琴

まこっちゃんは顔立ちが幼いため、歴代に比べてだいぶ可愛い感じのショーヴラン。

でも、圧倒的歌唱力と低音ボイスのおかげで可愛い顔立ちも吹っ飛ばす勢いで格好良さが出ていた。特に、『マダム・ギロチン』の迫力は流石としか言いようがなかった。

ぶっちゃけ、総評の★1個ぶんはまこっちゃんによる功績。

 

 キッチリとした雰囲気の、北翔海莉さま率いる前星組とはまた異なり、パワフルな雰囲気の新生星組。どちらも異なった魅力があって、いい感じだと思う。

これからの活躍が楽しみっす。

 

話は逸れるけど、ぶっちゃけ腐女子だからまこっちゃんのショーヴランにとても萌えました。ごめんなさい。

f:id:kome22:20170521201804j:image

そして、腐った目で見てたらまこっちゃんのサイン当たってしまいました。なんか更にごめんなさい。死ぬほど嬉しいです。家宝にします。

口調変えます

およそ2年前の初投稿時に「〜である」系の言葉遣いで書いてしまい、なんとなく『である口調』で今までブログを書いてきた。

…けど、なんだか「むっちゃ偉そうに見えるなコレ」と思ったからこの口調やめます。

今思えば、なぜ『である口調』で書き始めたんだろう、過去の自分。

『テイルズオブゼスティリア』感想 私はとても好きです

テイルズシリーズ20周年を記念して、2015年に発売した『テイルズオブゼスティリア』。

おそらく、テイルズシリーズをプレイしたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるのではなかろうか。 主に、酷評や騒動といった悪い意味で。

f:id:kome22:20170414022306j:image

私も発売して早々ゼスティリアの酷評を耳にし、購入を見送った。

しかし2017年のある日、無性にテイルズシリーズをプレイしたくなり「ゼスティリアってどうなのかな」とツイートしたところ、フォロワーの方から「確かに欠点もありますが、私は好きですよ!」というリプライを何件かいただいた。そして、「確かに、自分でやってみないとわからないよな!」と思い、購入することにしたのだ。

 

テイルズオブゼスティリア』感想

トーリー…★★☆☆☆

戦闘…★★★★☆

キャラクター…★★★★★

ボリューム…★★☆☆☆

総合評価…★★★☆☆

f:id:kome22:20170414020422j:image

 ※以下、本編ネタバレ注意!

 

続きを読む

『カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』感想 現実つらい

2014年に発売された 妄想科学ADV『カオスチャイルド(以下カオチャ)。

2017年、新たに発売された今作カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』(以下カオチャLCC)は、本編で主軸となる連続殺人事件がなかった世界をハートフル(?)に描くというもの。

超簡単に言うと、ギャルゲ版だ。

 

発売日に購入し、本日トロフィーコンプリートしたので感想をつづろうと思う。

 

カオスチャイルドらぶchu☆chu!!』感想 

トーリー…★★★★☆

キャラクター…★★★★★

ボリューム…★★★☆☆

 総合評価:★★★★☆

f:id:kome22:20170411142140j:image

カオチャ本編では、連続殺人事件で恋愛どころではなかった登場人物たち。しかも、ラストはある意味バッドエンドなのではというくらい悲しい終わり方だった。

登場キャラクターたちに愛着がある私は心に大きなダメージを負ったが、「カオチャLCCなら!!LCCならみんな幸せになれる!!!」と心躍らせていた。番外編とはいえ、ハッピーエンドが見られると。

…しかし、現実はそう甘くはなかった。(後述)

 

※以下、本編ネタバレ注意!

 

続きを読む